役員退職金準備

投稿日時:2013-05-29 11:16

質問受付中
回答者数:1件





法人保険は役員退職金積み立てに損金が使えると聞きました。

どのような保険と損金性があるのか教えてください。
回答する
 回答 (1件)
No.1
投稿日時:2013-06-25 14:01
日頃法人契約の生命保険をコンサルティングと販売している経験から、わかりやすく解説できると思いますので、お答えします。

法人税法の原則では、役員の退職金準備に損金は使えません。

法人契約の生命保険は、役員が被保険者でも保険料の全部または一部を損金に算入できます。

解約は法人が受け取ります。

解約金の使途は法人の自由です。
解約金を役員退職金として支払うケースも多いです。


法人が加入する生命保険のうち、全額損金と半分損金のタイプが役員退職金準備に使われています。

100%損金タイプは定期保険で、解約率のピークは75から80%位です。

50%損金タイプは逓増定期保険で、解約率のピークが95%前後もあります。


保険料支払時は損金に算入して法人税負担を減らします。
解約すると雑収入になりますが、退職金損金と相殺して法人税がかからないようにできます。

この二点のメリットを活用できるのが損金性のある法人保険です。

100%タイプと50%タイプを単独で契約するだけでなく半分ずつ契約して75%損金にすることも可能です。

詳しい解説は以下のサイトがわかりやすいので参考にしてください。
http://www.seimeihoken-soudan.com/corporate/index.html